top of page

技術が非常に高いIT人材の採用

インド人のITエンジニアのご紹介
インドの建物

世界有数の高い技術を持つ、インド人エンジニアのご紹介をいたします。


理系の人材が数多く存在するインドでは、その知恵と努力の結果から、多くのIT技術者が日々活躍しています。特にインドでの若年層の理系熱は収まらず、日本はもとより世界各国からも優秀な人材の獲得競争が始まっています。


意欲と気力に満ち、高い技術力と豊富な知識、幅広い応用力と創意工夫を兼ね備えた、理系のIT技術者の力を取り込み、自社の潜在力を最大限に引き出して最高のパフォーマンスを発揮するチャンスです。

ストーフには比較的高学歴な方が多く、博士号や修士号取得者のご紹介が可能です。


兼ね備えた高いパフォーマンス力

  • ​技術的な知識 ​コンピューターシステム、ネットワーク、プログラミング、OSなどの技術的な知識。

  • 脅威の認識 ​ITセキュリティの脅威や攻撃手法を理解し、それらに対処するための戦略を立てる。

  • 問題解決能力 ​問題を解決するために、論理的に思考して複雑な問題を分解し、解決策を見つける。

  • コミュニケーション能力 問題を説明し、上司やチームメンバー、顧客などと協力しながら問題を解決する。

  • 学習能力 ​最新の技術やトレンドを常に学び、アップデートする。

  • 継続的な改善意識 ​改善点を見つけ、継続的に提案して対策を実行する。


インド人採用のプロが伝授する「最強のインド人ITエンジニアの活用」

インドの人口は約14億人と言われています。

広大な土地に多くの民族と言語が存在し、サイエンスや数学が好きで得意な人が多く暮らしている国です。

一般的に、インド人のITエンジニアは次のような特長や優位性を持っています。

  1. 優れたプログラミング能力 インドはITの大学教育が充実しており、多くのエンジニアが高度なプログラミングスキルを持っています。

  2. コストパフォーマンス 労働力が安く、高品質なITサービスを提供することができるため、コストパフォーマンスに優れています。

  3. 英語力 インドは英語を公用語としているため、インドのITエンジニアは英語が堪能です。

  4. 多様なスキルセット 世界最大のIT人材を持ち、幅広い技術を持つエンジニアが多いです。

  5. 優秀な理系人材がインド全土に多く存在 機械工学や人工知能、AI、画像認識の技術者を見つけられる。

ただし、インド人エンジニアの能力や性質は個人差がありますので、それぞれの個人の能力や職場環境によってもパフォーマンスが左右されることが多いです。


インド人の優秀さの理由はなんですか? インドは数字のゼロを作った国と言われています。

掛け算や割り算も独自のインド式計算で攻略し、教育システムや伝統的な文化も多く存在します。

インド人の数学や科学への興味・関心は高く、複数の大学を卒業して博士号や修士号を持った人材も多数います。


インド人の多くは英語が公用語で、母語として扱われ、堪能な英語力を持っている人が多いため、グローバルなビジネスでの採用の競争において非常に有利であると言われています。


理系を重視した力強い教育システムがあり、特にIT技術やエンジニアリングの理系の分野において、充実したカリキュラム構成や企業へのインターンシップの積極的な利用の多さなどが挙げられます。


また、インドは他の国に比べて教育にかかるコストが比較的低いため、ハイレベルの教育が低コストで受けられる環境にあります。


インドは世界でも人口が多い国の一つであり、理系人口の多さから、多くのIT人材を生み出しています。


なぜインド人のITエンジニアは日本を選択するのか
パソコンでオンライン授業を受けている女の子

インドは、日本に親しみを持つ人が多い国です。


日本は福祉や環境などの観点から高い生活水準が認められているため、日本の暮らしに対する生活への配慮が厚く、生活への興味や関心の高さがあります。


また、日本の産業分野やサービス関連業は高い技術力を誇り、IT技術者にとって魅力的な場所となっています。


日本とインドでは文化や生活習慣などが大きく異なり、異国情緒を味わいたいという部分においても、日本での就業を希望する要因と言えるでしょう。


日本のIT業界は採用や仕事の受注の競争が激しいため、技術者にとって自分の技術や経験をそのような刺激的な環境で試すことができる、新たなチャレンジとなることもあるようです。


インド人のITエンジニアの平均年収は?

インド人のITエンジニアを雇用する際に検討する年収額は、一般的な日本人のITエンジニアと同じかそれ以上の想定が合理的です。


業界や地域、その人のスキルや経験などによって異なりますが、一般的にインド人のITエンジニアが日本で働く場合、年収は約300万円から500万円程度となります。


ただし、年収が高いポジションや経験豊富な人物の場合は、さらに高額になることもあります。

これはあくまで目安の数字であり、具体的な年収額は雇用者との個別の契約に基づいて決まります。


インド人のITエンジニアの人口

インドにおいてのITエンジニアの人口は、現在でもますます増加しています。具体的な数字は随時更新されていますが、2021年には約240万人以上のITエンジニアがインドに存在していると考えられています。インドは世界でも最大のITエンジニア人材を持つ国の一つであり、今後も海外への就職や転職などが増え、世界中のIT業界の発展への寄与が期待されています。

ベンダーやサービス提供企業ごとに応じたエンジニアを獲得

Web関連やソフトウェアの開発に

データベースからシステムのサポートまで対応可能

複雑で高度なIT業務も優秀な外国人材で解決


自らの仕事にとても誇りを持っている
屋外でスマートフォンを操作している女性

インド人ITエンジニアの仕事への満足度は人によって異なりますが、一般的に高いと言われています。

IT業界は急速な進化を続けており、インド人ITエンジニアにとってキャリアアップのチャンスが多いと考えられます。


IT業界では他の業種よりも適職としての給与が高いと言われており、多くのインド人ITエンジニアの仕事への満足度が高まっています。


また、国外で働くことで国際的な経験を積むことを重要視しています。

IT業界での就業は、時に創造的な仕事を伴うことも多く、創造的な仕事への興味や関心が強い傾向にあります。


インドの優秀なIT高度人材を、ぜひ日本の企業の成長に取り込みたい。

ストーフはそんな思いから、インドとの強い取引関係を構築し、より多くのにインド人の優秀なITエンジニアを日本の企業に紹介したいと考えています。


創意工夫に満ち、応用力のある理系のプログラマーをご紹介することが可能です。

採用をお考えの際は、ぜひストーフにご相談下さい。












コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page