top of page

自己PRの書き方

自己PRとは

自己分析を行い、自分自身を効果的にアピールし、採用担当者に自分の強みや価値を伝えるものです。

机の上でPRと書かれた物を持っている人

 

目次:

 

​1.自己PRで伝えること

何をしてきて、どんなことをしていきたいのか

応募先の求人では、どのような人材を求めているのかということを、正確に理解しておく必要があります。

その上で、関連する自分の経験や実績をアピールし、何ができるのかを正確に伝えて、貢献への期待値を高めることが適切です。


関連性は低いけど、アピールしたいハイレベルな実績や経験も評価されることもありますが、採用担当者が書類を確認した時に、採用すると他の事業や会社の将来性にも期待できるという視点をもって評価をしてもらう必要があります。


その場合は、基本的には関連性がある内容を基にして、少し混ぜるくらいの方がアピールポイントとしては高くなると思われます。



2.企業は自己PRで何を見るのか
ペンを片手に書類を見ている男性

仕事内容や他の社員または顧客との親和性を、自己PRでは読み取ることもできます。

即戦力として活躍できる人材かどうかということも大切になります。


自己PRで確認したいこと

スキルや経験

応募者が持つスキル、経験、能力をアピールし、過去の仕事やプロジェクトでどれだけの成果を上げてどのように成長したかを、正確に理解してもらえるように表現しましょう。

自己分析と関心

自分自身を熟考し、なぜその職種や会社に興味を持っているのかを明確にします。その仕事に対する情熱や関心をどれだけ持っているかをアピールしましょう。

コミュニケーション能力の評価

採用担当者は、応募者が自分の強みや価値を明確に伝えることができる能力を評価し、それが仕事において他の人と協力し、情報を共有する際にどれだけ効果的であるかを確認します。

個性と企業文化への適合を伝える

応募者の個性や企業文化への適合性を示します。採用担当者は、組織内で応募者がどれだけうまく適応し、チームで協力して企業文化に適合するかを評価します。自己PRを通じて自分の価値観や個性と、自社に適した人物であることを伝えましょう。


自己PRは応募者が自身の強みや適性をアピールし、採用担当者に自分の価値を伝えるための重要な項目です。自己PRを効果的に行うことで、採用担当者に自分の適格性と入社への熱意を印象づけ、求める職種や会社での成功の可能性を期待してもらうことができます。



3.自己PRの書き方
パソコンの前のメモ帳に記入している

200~300文字程度の内容にしましょう。

採用担当者は日々多くの応募書類に目を通している可能性が高いので、長くまとまりのない文章だと、読み飛ばしたくなる衝動に駆られるかもしれません。

応募書類全体に影響がないように、簡潔で的確な内容にしましょう。

経験を振り返る

過去に仕事でどんなことをしてきたのかを思い出して自己分析をします。

能力やスキル

求人の内容と関連性が高い内容を書き出して、どのような経験やスキルを持っているかということを具体的に伝えます。

採用担当者がイメージしやすいように表現することが大切になります。

具体的な内容にする

抽象的な内容だと、面接して質問したり採用するまで、詳しくわからず理解が困難になります。

採用担当者の立場を想像して、自己PRを読み返してみましょう。


職業紹介所を利用した転職の場合は、書類選考に必要な書類作成のサポートも受けれることがあります。

ご興味がある方は、こちらから登録してみてください。



Comentarios


Los comentarios se han desactivado.
bottom of page