top of page

転職活動の完結

転職活動の終了について
ノートパソコンとデスクトップ

 

目次:

 

​1.転職活動の経験
白いスーツの女性が振り向いて遠くを見ている

転職を行い、無事に入社と勤務を継続していることは、転職活動の成功と完結を意味します。

自分の履歴や経歴をアピールして、会社や社会へ影響を与えるということを、自分で行ったということになります。


自信になることにもなりますのと、もし今後転職を考えた時にも活用できることだと思います。

人が作る会社や組織では、人によって物やサービス、機械やテクノロジーも発展しますので、転職とは社会の基盤の一つとして考えることもできるかもしれません。



2.関係者への対応
スマートフォンを操作する男性

転職活動を終了する場合で、職業紹介事業者や転職エージェントのサポートを受けた際には、終了の連絡をいたしましょう。

以下に連絡をした方が良いケースをまとめています。


  • 転職を考え直し、今の職場に留まる場合

  • 入社承諾をした場合

  • 担当者を変更して欲しい場合


複数の箇所から転職のサポートを受けている状況で、選考中や内定の通知、入社承諾の後などの場合には、音信不通にだけはしないことをおすすめいたします。


まず、このサポートは厚生労働省の許可を得て、職業安定法や個人情報保護法などの各法律を遵守することが基本になります。その上で、同業他社間で求人や人材の紹介を相互に行う業務提携が認められております。


専門家としてプロの視点で求人や人材を確認する際に、業者間でもマッチングを行います。

もし転職活動を再開する場合において、他のサポートで登録があればその情報で不利になる可能性もありますので、転職活動を終了する場合のご連絡は、多少面倒でも行うことをおすすめいたします。



3.今後について
座って会話をしているスーツ姿の男女

転職活動は完了しましたが、また再開する場合もあるかもしれません。

それは、自分の都合だけではなく会社都合の場合もありますので、もし職業紹介事業者や転職エージェントのサポートを受けている場合は、終了の事実を伝えた上で、そのまま登録をしておいてた方が便利になるかもしれません。


なぜ、退会しない方が良いのか

転職は、双方の合意の上で雇用契約を締結しますが、万が一、入社後に早期退職する場合は、もう一度転職活動をすることが濃厚になると思われます。


以下の理由で退職することがあります。

  • 入社後、辞めると決意するほど合わない事柄があった

  • 試用期間後の本契約で、会社から継続できないと通達があった

  • どうしても退職しないといけないことが本人の身に起こった

その他にも様々な理由があるかもしれませんが、転職の回数には上限がありません。

ですので、いざという時のためにも退会はせず、転職活動の再開の際はまた連絡してみるのが良いかと思います。


転職市場は常に変化していますので、自分で転職活動をした時の情報は最新とは限りません。

一方、職業紹介事業者や転職エージェントに至っては専門家ですので、常に最新の情報を持ってサポートをしてくれます。

もう一度、一から情報収集をするかサポートを継続するかは、その時の状況で判断することになります。


※職業安定法に則り、就職(採用日)した日から在籍中の2年間は、職業紹介事業者や転職エージェントから自発的に転職の勧奨を行う事はできません。



転職の支援からキャリア形成まで、様々なサポートをご希望の場合は、お気軽にご利用ください。





Commenti


I commenti sono stati disattivati.
bottom of page