top of page

入社までの流れ

スケジュールと計画を立てよう

転職活動の開始から入社まで、一般的に3~6カ月の期間を必要とする方が多い傾向にあります。

あくまでも目安なので、最短1カ月程度で入社される方もいます。


人や求人によって異なりますので、これから流れをご説明いたします。

ご自分に合った転職活動を行うために、是非参考にされてください。

紙のカレンダー

 

目次:

 

※一般的な入社までの目安であり、内容が異なる場合もあります。



​1.転職に興味を持ったら
スーツを着た女性が?マークを出して考えている。

なぜ転職したいと思ったのかの動機付けを意識しましょう。


仕事を変えたい理由は人それぞれ

多くの場合、転職には理由が存在し、例えば以下のようなものがあります。


  • キャリアの成長 新しい仕事に挑戦することで、スキルや経験をさらに高めたいという欲求がある。

  • 給与や待遇 給与や福利厚生等の待遇が良い職場で働きたい。

  • 仕事内容 現在の仕事が自分の興味や適性に合わないと感じている。

  • ワークライフバランス ワークライフバランスが悪く、プライベートに支障が出ている。

  • 勤務地 環境や家族の事情により、通勤距離や勤務地を変えたい。

  • 企業の価値観 企業文化や価値観と合わなくなった。

  • 仕事の将来性 将来的に不安定になりそうで、安定した職場で働きたい。


これは一例ではありますが、結果的に転職に至らなかった場合でも、転職を思い立った際には行動してみるのも、現在の問題の解決に繋がる可能性があります。



​2.分析と目標の設定
ペンとメモ帳にGOALSが書いてある

​スキルや経験、興味関心を整理して、転職目標を明確にしましょう。


まず、転職をする際のゴールは何なのかを決めましょう。

前述にあるような内容なのか、または目標があるのか等、プライベートを含めた転職目標になることも少なくありません。

それは、人生という大きなストーリーを描く必要もあるでしょう。

自己分析を行うことで、自分の強みや興味に合った職種や業界を発見しやすくなります。


転職希望や相談等、転職エージェントの活用もおすすめいたします。





それでは次に、スキルと経験の整理を行います。

自分が持っているスキルや専門知識をリストアップしましょう。これまでの職務経験や学歴等を考慮し、技術的なスキルだけでなく、コミュニケーション能力やリーダーシップ等のソフトスキルも含めましょう。

論理的な思考や創造性がある等、どんな傾向でもよいので今一度振り返ってみましょう。


そして、自分がどのような分野や業界に興味や関心を持っているかを考えます。楽しかった経験ややりたかったこと、将来的なキャリアのビジョンを考慮して、興味がある分野を特定します。


最後に、転職を考える理由や目標を明確にします。給与や職位だけでなく、成長や挑戦、ワークライフバランス、地理的な条件や会社の規模、企業文化、福利厚生等、転職に求める要素をリストアップします。その際に、自分にとって重要な要素は別にリストアップしましょう。


転職の目標を設定し、それに向けた具体的なキャリアプランを立てて、スキルや経験を伸ばすために必要な資格やトレーニングがあれば、転職活動を本格始動する前に検討してみても良いかもしれません。



​3.転職先の仕事を探す
スーツの男性がカードに指をさしている

​給与、仕事内容、休日等の様々な要件を確認しましょう。


労働条件はしっかりとチェック

給与水準は転職の大きな要因の一つです。業界の標準や類似の職種の給与と比較して適切かどうか確認しましょう。また、昇給やボーナスの制度もチェックし、将来の収入の見通しを把握しましょう。


労働時間、通勤時間やシフト制度、リモートワークの可能性等、働く内容について確認しておくことが重要です。自分のライフスタイルや家庭との両立を考えて選びましょう。


待遇や福利厚生として、社会保険や退職金、健康診断、保養施設等の福利厚生制度が充実しているかどうかもポイントです。従業員割引や特典も魅力的な要因となります。


仕事の内容が自分のスキルや興味に合っているかどうか、やりがいやモチベーションを感じられる仕事であるかを考慮します。その際には、仕事の成長性やキャリアパスにも注目し、トレーニングや研修プログラム、昇進のチャンス等、将来的なスキルアップや昇進に関連する情報を確認します。


将来性の判断

数十年に渡って成長し続ける会社やお店は多くはありませんが、働く先の安定性は大事な要件になります。

職場の雰囲気や文化は、働く上でも成長にも重要です。チームワーク、意思決定のスタイル、コミュニケーションの方法等、自分の価値観と合致するかどうかを考えましょう。


ニュースや公式ホームページ等を見て、業績や将来の展望を調査し、長期的な安定性を確認しましょう。


これらのポイントを踏まえて、自分の優先順位やライフスタイルに合った仕事を選ぶことが大切です。複数の職場を比較し、総合的な観点から判断することで、良い転職先を見つけることができるでしょう。



​4.応募書類の作成
履歴書の画像

履歴書、職務経歴書を作成しましょう。


転職先が決まったら、早速応募の書類を準備していきます。

履歴書と職務経歴書の作成方法については、各コラムをご覧ください。







5.応募スタイルの選定
スマートフォンを操作する女性

​直接、ハローワーク、転職支援サービス等の利用を検討します。


目標の転職を成功させるためには、どのように転職先にアプローチするかを考えます。

以下に代表的な例を記載いたしますので、ご参考ください。


企業の公式ウェブサイト

興味を持っている企業の公式ウェブサイトで採用情報をチェックしましょう。直接応募することができるので、企業の文化や価値観についても理解できます。


転職セミナーやイベント

転職に関するセミナーやイベントに参加することで、業界の最新動向や転職に役立つ情報を得ることができます。また、人事担当者や企業関係者と直接コミュニケーションを取る機会もあります。


SNS

LinkedIn等のSNSネットワークを活用して、業界の人々と繋がりを持ち、情報や求人情報を得ることもできます。


求人サイト

全国には多くの求人サイトがあります。これらのサイトでは、自分の希望条件に合った求人情報を検索できるので、記載されている情報を見て、自分で転職先を見つけることができます。


ハローワーク

広範な業種・職種の求人情報を提供しています。様々な企業からの求人情報を一括で検索し、転職への選択肢を広げることができます。


職業紹介

厚生労働省の許可を得て行われる職業紹介は、求職者と企業とのマッチングを支援する機関です。希望条件やキャリア目標に合わせて求人情報を提案したり、仕事の悩み等を相談することができます。

また、自分のスキルや経験に応じて直接アプローチ(スカウト)されることもあります。



これらのサービスや手段を組み合わせて、自分に合った転職活動の戦略を構築することが大切です。

自分のキャリア目標やスキルセットに合った方法を選んで、効果的な転職を実現しましょう。



6.書類選考
書類を整理する男性

​書類選考がない場合は、応募書類の送付後に面接を行います。


転職の際には書類選考が行われることが一般的になっています。

では、どのような書類があるか見てみましょう。

​書類名

内容

履歴書

​基本的な個人情報や学歴、職歴、資格等をまとめた書類

職務経歴書

​具体的な職務内容や業務経験、成果等を詳しく記載する書類

ポートフォリオ

​実際の作品やプロジェクトを確認してスキルを評価

​資格・免許証

​資格や免許を必要とする仕事での確認のため

​成績証明書・学位証明書

​第二新卒の場合や学歴が重要な場合に必要

​その他の証明書

​応募先の企業が採用の際に必要とする何らかの証明書

推薦状

​転職支援者が転職者の職務能力や人物評価を証明するための書類

履歴書と職務経歴書は、求人への応募の際に非常に多くの応募先が必要としています。

専門的な求人ではポートフォリオも選考の基準になりますので、アピールの為にも用意することをおすすめいたします。

応募先が職業紹介所や転職エージェントを利用して募集をする場合は、推薦状も必要とする場合があります。






7.面接
男性二人が面接を椅子で待つ

面接のマナー確認や対策を行い、面接に臨みましょう。

面接は、採用や就職をする上で非常に重要な過程になります。




8.内定
採用内定の書類

​入社時期や各労働条件の最終確認と承諾をします。


面接に合格をし、内定の通知が出たらいくつか行うことがあります。

最終的な労働条件の調整を行い、雇用契約を結ぶ前段階に入ります。




9.入社準備
段ボール箱に詰まった会社の備品

​在職中の場合は、退職の準備をします。

採用が確定し、入社への準備を進めましょう。


新しい職場で働く前にすること

入社前に必要なスキルや知識がある場合は、予習や学習を行います。

事前のガイダンスで説明を受けている時は、社内で使用されるツールやソフトウェアの基本的な操作を学んでおけば、より円滑に職場に馴染むことができます。


転居が必要な場合、住居の手配や引っ越しの計画を立てて、初勤務前に通勤手段や経路の確認を行いましょう。


また、会社の文化や価値観を理解し、入社後に適切に適応できるようにする為にも、入社前に会社のウェブサイトや資料を参照して情報を収集します。そうすれば、同僚や上司とのコミュニケーションもより円滑になるでしょう。


入社前の準備は新たな環境でのスタートを成功させるために重要です。必要な手続きや準備をきちんと行い、新しい職場での円滑なスタートを切るよう努力しましょう。



今の職場を退職する

職場を退職する際には、マナーやルールを守りつつ、円満な形で退職手続きを行うことが大切です。

転職先で顧客として繋がる可能性もありますので、良好な人間関係を維持することをおすすめします。


  1. 退職の意思表示 退職理由について、適切な説明を用意しておきましょう。その結果、条件や待遇の交渉が発生する場合がありますが、既に転職先が決まっているので、会社や同僚、上司への感謝の意を示すことや、出来るだけ丁寧な断り方を心がけましょう。

  2. 退職届の提出 退職の意思表示後は、企業や組織に所定の退職届を提出する必要があります。退職届は、会社が定めるフォーマットや手続きに従って記入して提出します。

  3. 引き継ぎ 退職前には、自分の担当業務やプロジェクトに関する情報を適切に引き継ぎ、後任者がスムーズに業務を続けられるようサポートすることが重要です。

  4. 整理と返却 貸与されている会社の備品、退職に関連する書類や資料などを整理し、必要なものは返却するようにしましょう。また、退職に関連する手続きや保険の確認も行っておくと尚良いです。



10.入社
スーツの女性と男性二人が並んで立っている

入社手続きが完了し、新しい職場での勤務がスタートします。

入社まで用意周到にすれば、新しい職場でもスムーズに勤務することが可能になります。





Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page