top of page

二次面接

スキルや職務の確認

二次の面接を行います。二次面接で行う内容を説明していますので、参考にご覧ください。


ステンレスの円柱の上に2の数字が浮いているイメージ画像

 

目次:

 

​1.二次面接の目的

スキルや職場への適性を確認する

二次面接は、その事業や配属先の担当者や責任者が面接官となるケースが多く見られます。

能力やスキルの確認、メンバーとの相性等を確認いたします。経歴書以外の、もっと深い広い部分の詳細を知る為、具体的な質問をされることがあります。



2.二次面接では何を見るか
女性が、男性と女性に面接を受けている後ろ姿

面接官が二次面接で確認することはいくつもあります。以下内容をご説明しますので、是非面接の参考にされてください。


二次面接では、より詳細な情報を面接官に提供し、自身の価値をより具体的に示すことが求められます。事前に面接の準備を十分に行い、自信を持って臨むことが合格への鍵です。


深化したスキルと経験

二次面接では、実際に共に働く時間が長い職場の方が面接官になることが考えられますので、応募者のスキルや経験についてより詳細な質問がされることがあります。過去の職務経験やプロジェクトの詳細を提供し、職務に対する深い理解を示すことが求められます。

過去の実績と成果

過去の職務での実績や成果を、数値や具体的な事例を用いて示し、それが応募先にどのように貢献できるかを説明しましょう。自身の価値を証明することが大切です。

問題解決能力と判断力

より高度な問題解決能力や判断力が問われることがあります。実際のビジネスシナリオに基づいた質問に対して、論理的なアプローチと決断力を示すことが重要です。

リーダーシップとチームワーク

多くの職務で、リーダーシップ経験やチームでの協力が重要です。過去のリーダーシップ経験や難しい状況でのチームワークの成功事例を共有しましょう。

職場への深い理解

会社についての深い理解を示すことが求められますので、企業のビジョン、ミッション、戦略に関する質問に対して、詳細な知識を持って回答することが大切です。

文化適合性と長期的な志向

企業の文化との適合性を強調し、長期的なキャリア志向を示すことが重要です。企業にとって、長期的な協力関係が確立できる求職者が魅力的です。

質問への洞察力

面接官に質問をする機会があると思いますので、企業やポジションに関する深い洞察を示し、自身の興味を示すことが評価対象になります。


4.面接の段階(回数)
STEP1と書かれた階段を上る男性の足元

面接は通常1回~3回程度ありますので、面接内容と段階を簡単にご紹介します。詳しくは、各コラムでご確認ください。


一次面接・適性検査

一次面接は、基本情報(履歴書に記載された情報)や社会人としての適性、コミュニケーション能力等を確認し、正確性を確認します。その際に、事前や事後に適性検査を受ける場合もあります。



二次面接

二次面接は、その事業や配属先の担当者や責任者が面接官となるケースが多く見られます。

能力やスキルの確認、メンバーとの相性等を確認いたします。経歴書以外の、もっと深い広い部分の詳細を知る為、具体的な質問をされることがあります。



最終面接

最終面接は、社長含む組織の代表者や役員による面接を行います。

入社意欲の再確認や、自社にふさわしく、業務を任せられる人材かどうか、雇用すべきかどうかは最終的に経営者が判断いたします。現場での合格を得ても最終面接で不採用になることもあり得ます。






コメント


コメント機能がオフになっています。
bottom of page