top of page

最終面接

最後が一番肝心の面接

最終面接を行います。最終面接で行う内容を説明していますので、参考にご覧ください。


面接の心得や準備などはこちらへ>

握手をしているスーツ姿の男性

 

目次:

  1. 最終面接の目的

  2. 最終面接では何を見るか

  3. 面接の段階(回数)

 

​1.最終面接の目的

意欲や適性を総合的に判断される

最終面接は、社長含む組織の代表者や役員による面接を行います。

入社意欲の再確認や、自社にふさわしく、業務を任せられる人材かどうか、雇用すべきかどうかは最終的に経営者が判断いたします。現場での合格を得ても最終面接で不採用になることもあり得ます。



2.最終面接では何を見るか
FINALTESTの積み木

最終面接では主に以下のことを確認いたします。内容をご説明しますので、是非面接の参考にされてください。


最終面接として、双方が相互に評価し合う重要な機会です。面接官は候補者の能力、適性、企業文化への適合性を最終的に評価し、採用の決定を下すための情報を収集します。

求職者も、最終面接を通じて企業との相性を再度確認しましょう。


最終面接までの各段階の評価の確認

最終面接までに、各面接官からの評価を確認します。その内容も参考にしながら、面接を行います。

スキルと経験の詳細

過去の職歴やスキルについてさらに詳しく尋ねられることがありますので、過去の実績やプロジェクト、成果について詳細に説明できるように準備しておきましょう。

企業への適合性

求職者が企業文化や価値観に適合するかどうかを評価します。なぜ当社で働きたいと思っているのか、熱意を伝えることが求められます。

チームや組織への貢献

求職者の考えやビジョンがどれほど価値があるかについて質問することがあり、どのようにしてチームや組織に貢献できるかを評価します。

職務へのコミットメント

最終面接では、企業やポジションに対して長期的なコミットメントを持っているかどうかが評価されることがあります。将来の成長や貢献についての考えを具体的に伝えましょう。

質問と回答

質問の機会が与えられますので、企業や職務に関する疑問や懸念があれば質問しましょう。

最終面接なので緊張するかと思いますが、ここまで合格したのは評価された証ですので、ぜひ自信をもって堂々と入社への熱意を語るようにしましょう。



4.面接の段階(回数)
STEP1と書かれた階段を上る男性の足元

面接は通常1回~3回程度ありますので、面接内容と段階を簡単にご紹介します。詳しくは、各コラムでご確認ください。


一次面接・適性検査

一次面接は、基本情報(履歴書に記載された情報)や社会人としての適性、コミュニケーション能力等を確認し、正確性を確認します。その際に、事前や事後に適性検査を受ける場合もあります。


詳しく見る>


二次面接

二次面接は、その事業や配属先の担当者や責任者が面接官となるケースが多く見られます。

能力やスキルの確認、メンバーとの相性等を確認いたします。経歴書以外の、もっと深い広い部分の詳細を知る為、具体的な質問をされることがあります。


詳しく見る>


最終面接

最終面接は、社長含む組織の代表者や役員による面接を行います。

入社意欲の再確認や、自社にふさわしく、業務を任せられる人材かどうか、雇用すべきかどうかは最終的に経営者が判断いたします。現場での合格を得ても最終面接で不採用になることもあり得ます。


詳しく見る>





bottom of page